グリーズマンは本当に左サイドで良いのか バルサ・“MSG”に残る疑問

バルセロナのグリーズマン photo/Getty Images

100%能力を活かせているとは言えず

バルセロナはいったいFWアントワーヌ・グリーズマンをどう活かせばいいのだろうか。今夏に1億2000万ユーロもの契約解除金を支払って獲得したはいいが、ここまではグリーズマンの能力を100%引き出すことができていない。

スペイン『as』が気にしているのは、左サイドでの起用が続いていることだ。バルセロナは2日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でインテルと対戦したが、このゲームではリオネル・メッシも先発に復帰。メッシが右、中央にルイス・スアレス、そして左にグリーズマンが入る豪華な3トップが実現した。

しかし、グリーズマンが左サイドで個性を発揮できるかは微妙だ。左のウイングもこなせるが、アトレティコ・マドリードでは中央で起用されることの方が多かった。フランス代表でもオリヴィエ・ジルーを頂点に、キリアン・ムバッペとグリーズマンが自由にポジションを動かしながらプレイする形でロシアワールドカップを制している。左サイドで固定されるケースはあまり多くないのだ。

バルセロナではあくまでメッシが中心であり、まずはメッシが気持ちよくプレイできる環境を整えることが最優先となる。グリーズマンもメッシと同じ左利きであることを考えると、右サイドからカットインする方が向いているのかもしれない。しかし、右サイドはメッシのものと決まっている。

おそらくグリーズマンがバルセロナに加入してからのベストゲームは、2得点1アシストを決めた8月25日のレアル・ベティス戦だ。このゲームではスアレスもメッシも不在だったため、グリーズマンが3トップの中央に入っている。グリーズマンの得点力を活かすならば、やはり中央で起用するのがベストなのだろう。

ただし今回のインテル戦ではスアレスが2得点を挙げる活躍を見せている。中央からスアレスを外すことも難しい。同メディアはグリーズマンのベストポジションを巡る議論は続くと伝えているが、指揮官エルネスト・バルベルデは答えを見つけられるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ