今こそマンUに欲しい人材? 絶賛される“元マンU”のオールラウンドDF

レスターのエヴァンス photo/Getty Images

好調レスターを支える職人センターバック

マンチェスター・ユナイテッドにリオ・ファーディナンド、ネマニャ・ビディッチがいた頃はセンターバックの控え要員という立ち位置だったが、その時から一定の評価を得ていたのがDFジョニー・エヴァンスだ。

エヴァンスはマンUの下部組織出身選手で、2008-09シーズンあたりから徐々にブレイク。2015年にWBAヘ移籍するまで、いぶし銀なセンターバックとしてチームを支えてきた。そのエヴァンスは現在レスター・シティでプレイしているのだが、レスターではチャグラル・ソユンクとコンビを組んで今季の失点を僅か5点に抑えている。これはリヴァプールと並んで現在リーグ最少の数字となっており、安定した守備と確かな統率力で好調レスターを支えているのだ。

一方で今のマンUはどうだろうか。センターバックではハリー・マグワイアとヴィクトル・リンデロフが奮闘しているが、ファーディナンドとビディッチのコンビとは比べられない実力差がある。またバックアッパーも十分ではなく、エヴァンスがマンUに残っていればと考えるサポーターもいるのではないか。

英『sky SPORTS』によると、過去にリヴァプールなどを指揮した経験を持つグレアム・スーネスもエヴァンスをトップクラスのオールラウンドDFと絶賛。今のマンUに加われる存在と語る。

「エヴァンスは31歳だが、まだピークは来ていないよ。ユナイテッドの最終ラインを見ると、彼はユナイテッドのチームに入れると思う。彼はパスも出せるし、危機察知能力もある。彼は私にとってトップクラスのオールラウンドDFなのさ」

レスターはあくまで中堅クラブだが、全体的にマンUより安定感があるのは明らかだ。マンUサポーターはエヴァンスの活躍をどのような心境で見つめているのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ