センターフォワード界“TOP4”には入る CLで迫るワールドクラスFWの激突

バイエルンのレヴァンドフスキ photo/Getty Images

どちらも実力者

1日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節ではワールドクラスのストライカーが顔を合わせるビッグカードが行われる。昨季準優勝のトッテナムVSドイツ王者バイエルンだ。

トッテナムはリーグ戦でのパフォーマンスが批判されているが、それでも前線に構えるハリー・ケインが危険なストライカーであることに変わりはない。現代を代表するセンターフォワードの1人だ。

一方のバイエルンには開幕から快調に飛ばしているロベルト・レヴァンドフスキがいる。リーグ戦開幕6試合で10得点という数字は驚異的で、今のレヴァンドフスキを抑えるのは至難の業だ。

英『sky SPORTS』によると、バイエルンを指揮するニコ・コバチも2人が世界トップ4には入るストライカーだと絶賛する。センターフォワード限定で考えると、彼らほど完成された選手もいないだろう。

「ケインのクオリティはプレミアリーグ、イングランド代表で証明されていて、彼はセンセーショナルだ。彼は何でもできる。ボールキープも素晴らしいし、頭も良い。出来ないことはないんだ。非常に強いストライカーだね。彼とレヴァンドフスキは間違いなく世界のトップ3、4には入る」

トッテナムとバイエルンはグループBに所属しており、トッテナムは初戦でオリンピアコスと引き分けている。トッテナムとしてはホームで迎える第2節のバイエルン戦で確実に勝利を掴んでおきたいところだろう。ゲームを決める一撃を沈めるのはどちらのストライカーなのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ