22歳の新天地デビューにファン興奮 攻守にわたり奮闘したアーセナルDF

ノッティンガム戦で躍動したティアニー(右) photo/Getty Images

「ファンタスティックだった」

現地時間24日にカラバオ杯(EFL杯)3回戦が行われ、アーセナルはノッティンガム・フォレストと対戦した。この試合ではFWガブリエル・マルティネリの2ゴールや、この試合で復帰したDFロブ・ホールディングのゴールでノッティンガムを圧倒したアーセナルが5-0と大勝を収めている。格下相手とはいえ、若手が躍動したことにファンは歓喜したことだろう。

その中でもファンにとって嬉しかったニュースは、今夏セルティックから加入したDFキーラン・ティアニーの活躍だったようだ。同選手はこの試合でゴールやアシストこそなかったものの、高精度のクロスを何本も供給し攻守にわたり存在感を放った。英『Daily Mirror』によると、デビュー戦で躍動したこの22歳にはSNS上で称賛の声が相次いでいる。

「ティアニーは素晴らしいサインだったね!」

「今夜のティアニーはファンタスティックだった。リーグ戦でもスタメンの名を連ねるのが待ちきれないよ」

「今日のティアニーはファンタスティックだった。まだ戻ってきたばかりだけど、とても有望な選手だよ」

攻撃参加のタイミングも良く、確実に相手の脅威となっていたティアニー。ナチョ・モンレアルが移籍して以降、セアド・コラシナツのみとなっていた左サイドバックに若い力が台頭したとあって、ウナイ・エメリ監督も満足していることだろう。はたして、この22歳はここから定位置を掴むことができるのか。大爆発に期待がかかる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ