レアルが狙うは“ムバッペ級”の逸材 フランスで躍動する16歳

16歳ながらスタッド・レンヌで定位置を掴んでいるカマビンガ photo/Getty Images

ジダンが獲得を要求と西メディア

レアル・マドリードはフランスで躍動する新鋭MFに照準を合わせたようだ。ジネディーヌ・ジダン監督が16歳の獲得をクラブに迫っているようだ。

そう報じたのはスペイン『diario GOL』。同メディアによると、ジダン監督はフロレンティーノ・ペレス会長に対して、スタッド・レンヌに所属するMFエドゥアルド・カマビンガの獲得を要求しているという。同選手は今年1月にスタッド・レンヌの下部組織からトップチームへ上がったばかりの選手だが、今季は開幕から全ての公式戦に出場。ここまでリーグ・アンで4位につけるチームの中でしっかりと定位置を確保している。

カマビンガは中盤の底を主戦場とし、攻守に奮闘できる“ボックス・トゥ・ボックス”の選手だ。まだ身体の線こそ細いが、その軽やかさを活かしたボール奪取は圧巻。巧みに相手からボールを掠め取る。攻撃面においても優秀で、気の利いたポジショニングでボールを受け取る姿や冷静沈着なスルーパスはとても16歳には思えないほどだ。ポジションこそ違えど、フランス国内ではすでに「ムバッペ級の逸材」と称されているヤングスターだ。

レアルは今季ダニ・セバージョスやマルコス・ジョレンテなどの選手を放出したことにより、中盤に深刻な人員不足という問題を抱えている。ルカ・モドリッチ、トニ・クロース、カゼミロの3人は強力なユニットだが、彼らの高齢化も懸念されており信頼できるバックアッパーが欲しいところ。そういった状況で将来性があり、なおかつ即戦力としても計算できるカマビンガはレアルにとってうってつけの存在と言える。

はたして、近いうちにレアルはこの逸材MFを確保することができるのか。活躍すればするほど値段が上がるだけに、早めに動き出したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ