“シンジ・カガワ伝説”の始まり 今も色褪せぬ9年前のダービー衝撃2ゴール[映像アリ]

ドルトムント時代の香川 photo/Getty Images

ブンデスリーガもこの日を忘れない

今から9年前の2010年9月19日、日本の天才がドイツを震撼させた。その年の夏にセレッソ大阪からドルトムントに移籍した日本代表MF香川真司だ。

香川はその1週間前の9月11日のヴォルフスブルク戦でブンデスリーガ初ゴールを記録していたのだが、本当の衝撃があったのは19日に行われたシャルケとのルール・ダービーだ。ライバルとのゲームで香川は2得点を記録し、3-1の勝利に大きく貢献。香川の実力をドルトムントのサポーターが認めた瞬間でもあった。

ブンデスリーガ公式もダービーの英雄が生まれた瞬間と改めて取り上げており、香川自身もTwitterでこの日を忘れないとコメントしている。このダービーでの2ゴールはまさに香川伝説の始まりであり、そこから日本サッカー界を長きにわたって引っ張ってきた。

2010-11、2011-12シーズンとドルトムントではブンデスリーガ連覇も達成し、日本人選手の技術の高さをドイツ中にアピールすることになった。今では海外組が増えているが、香川らの世代が結果を残してくれたことも大きい。

現在は活躍の場をスペイン2部のレアル・サラゴサに移しており、そこでもチームを勝利に導くゴールを決めている。サラゴサのサポーターも香川のことを認め始めており、今度はスペインで旋風を起こす時だ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ