無敗優勝アーセナルにC・ロナウドいればどうなったか 逃したアンリの後継者

若かった当時のC・ロナウド photo/Getty Images

2003年に実現した可能性あり

現在ユヴェントスで活躍するFWクリスティアーノ・ロナウドが、過去にアーセナルへ移籍する可能性があったとの話は有名だ。具体的な話が出ていたのは2003年のことで、まだロナウドはポルトガルのスポルティング・リスボンでプレイしていた。

結局ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドに移籍することになるのだが、もし2003年にロナウドがアーセナルに加入していればどんなチームが実現しただろうか。

アーセナルは2003-04シーズンにプレミア無敗優勝を成し遂げており、クラブ史を振り返っても最強に近いチームになっていた。そのチームで10代のロナウドがいきなりスタメンを勝ち取るのは難しいだろうが、今回英『The Sun』が無敗優勝を成し遂げたインビンシブルズにロナウドを加えるスタメンを公開している。

まず当時のアーセナルはGKイェンス・レーマン、センターバックにソル・キャンベルとコロ・トゥレ、右サイドバックにローレン、左サイドバックにアシュリー・コール、ボランチにはパトリック・ヴィエラとジウベルト・シウバが入る。右サイドハーフにはフレドリク・リュングベリ、左サイドハーフにロベール・ピレス、そして2トップはデニス・ベルカンプとティエリ・アンリのゴールデンコンビだ。

ロナウドが入るとすればサイドで、同メディアはピレスに替えてロナウドをスタメンに入れている。当時のピレスを超えるのは簡単ではないが、ロナウドの突破力はリュングベリやピレスとは違う武器になったことだろう。

しかも悔やまれるのは、ロナウドをアンリの後継者にできた可能性があることだ。アンリはアーセナルで得点を量産する伝説の点取り屋となったが、センターフォワードとして育てたのはアーセン・ヴェンゲルだ。ロナウドもアンリと同じようにウイングからセンターフォワードへと時間をかけてポジションを移していった選手で、アーセナルでも同じことができたはず。そうなればアーセナルにとって超強力な点取り屋となっただろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ