メッシ、ロナウド、イニエスタ “CL10年間”のベスト11がバルサ&レアルだらけ

CL盛り上げてきたベイル photo/Getty Images

2010年からの10年はリーガが支配した

いよいよ2019-20シーズンのチャンピオンズリーグがスタートするが、2010年からの10年間はスペイン勢が欧州の舞台で圧倒的な強さを示してきた。2010-11シーズンのチャンピオンズリーグをバルセロナが制してから、実にスペイン勢が6度も頂点に立っているのだ。

英『Squawka』は今季のチャンピオンズリーグがスタートする前に2010年からのチャンピオンズリーグ・ベストイレブンを作成しているのだが、さすがにスペイン勢の選手が目立つ。

GK
マヌエル・ノイアー

DF
ダニエウ・アウベス
ジェラール・ピケ
セルヒオ・ラモス
マルセロ

MF
セルヒオ・ブスケッツ
シャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ

FW
ガレス・ベイル
クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ

GKのノイアーを除けば、フィールドプレイヤー10人はバルセロナとレアルの選手で構成されている。アウベスはバルセロナ以外のクラブでもチャンピオンズリーグを戦っているが、それでも大成功を収めたのはバルセロナ時代と言っていいだろう。

ノイアーはこの10年のチャンピオンズリーグで最多となる261回のセービングを記録しているようで、実力的にも選出は妥当だ。この10年は世界最高のGKの1人との称号を守り続けてきた。

他にもピケはこの10年でDF最多となる410回のクリア数を記録。アンカーのブスケッツは最多タックル数(268回)、最多インターセプト数(196回)を記録するなど、数字の面でも彼らのパフォーマンスはずば抜けている。

ロナウド、メッシはもちろん、決勝で重要なゴールを決めてきたベイルもチャンピオンズリーグに愛されてきた男だ。トッテナム時代にはインテルを異常なスピードで切り裂いた伝説のゲームもあり、この10年間チャンピオンズリーグを大いに盛り上げてきた。

昨季はリヴァプールVSトッテナムというイングランド勢同士のファイナルが実現したが、これからの10年間欧州サッカー界をリードするのはどのクラブとなるのか。徐々に勢力図も変わってくるはずで、新たな時代が始まろうとしている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ