「経験より若さ選んだ」 イングランド代表の右サイドバック争いが激しすぎる

メンバーから外れたウォーカー photo/Getty Images

今回落選したのは……

若手が育ってきているイングランド代表では、メンバー入り争いが異常なほど激しくなってきている。トップレベルのチームを2つ作れるほどの選手層になってきているが、中でも熾烈なのが右サイドバックだ。

ロシアワールドカップまではマンチェスター・シティのカイル・ウォーカー、今夏にアトレティコ・マドリードへ移籍したキーラン・トリッピアーが候補者だったが、今では状況が異なる。

すっかりリヴァプールの主力となり、昨季もチャンピオンズリーグ制覇に貢献した20歳のトレント・アレクサンダー・アーノルド、今夏クリスタル・パレスからマンチェスター・ユナイテッド移籍を決めた21歳の大型DFアーロン・ワン・ビサカも出てきている。

29日にはEURO2020予選のブルガリア、コソボ戦へ向けた代表メンバーが発表されたが、アーノルドとアーロン・ワン・ビサカの2人も選ばれた。アーノルドはセットプレイも任されるほどのキック精度が1つの武器で、アーロン・ワン・ビサカは長いリーチを活かした1対1に強みがある。どちらもトップレベルの素質を持つ逸材だ。

そして今回彼らに押し出される形でメンバーから漏れたのがウォーカーだ。代表監督ガレス・サウスゲイトもアーロン・ワン・ビサカやアーノルドを試したかったのだろうが、英『Telegraph』は「サウスゲイトは経験より若さを選んだ」とウォーカー落選を取り上げている。

ウォーカーも代表候補者なのは間違いないが、EURO2020本選へ争いはさらに激しくなっていくことだろう。最後に誰がポジションを勝ち取るのか。予想するのはかなり難しいものとなっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ