やっぱりタバコはやめられない? サッリは肺炎発症もお構いなしか

サッカー界屈指の愛煙家として知られるサッリ photo/Getty Images

サッカー界屈指の愛煙家

今季からユヴェントスの新指揮官に就任したマウリツィオ・サッリ監督。同監督は先日、体調不良のためセリエA開幕節パルマ戦と第2節ナポリ戦でベンチ入りしないことがクラブから発表されていた。しかし、そんな状況でも彼は昔から染みついている習慣を変えることはできなかったようだ。

伊『Corrierre della Sera』によると、サッリ監督は肺炎を発症した今でもタバコを吸うことをやめられていないという。順調に回復し、先日は練習場にも姿を見せた同監督。しかし、同メディアは指揮官がファンと写真を撮っていた際、その手にタバコとライターを持っていたことを明らかにしている。

サッカー界でも屈指の愛煙家として知られるサッリ監督。過去には「1日60本くらいはタバコを吸うよ。他の人よりはちょっと多いかもしれないね」とも話している。「今回の体調不良の原因はタバコの吸いすぎも原因のひとつなのでは?」との意見もあるが、本人は全く気にしていない様子だ。

サッリ監督は「好きなものを我慢する方が体に悪い」という考え方の人間なのだろうか。医者の許可が出ているのかも気になるところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ