アンリ&ピレス、ドログバ&ランパードに次ぐ“現プレミア最強コンビ”が偉業

長年マンCを支えてきたアグエロ(左)とD・シルバ photo/Getty Images

ともに「400」のメモリアル

マンチェスター・シティは25日、プレミアリーグ第3節でボーンマスとアウェイで対戦した。

前評判通り終始ボールを支配したマンCは、15分にセルヒオ・アグエロのゴールで先制に成功すると、43分にラヒーム・スターリングが追加点を挙げ、リードを2点に広げる。前半アディショナルタイムに1点を返され、2-1で後半を迎えたが、64分にダビド・シルバの持ち込みから最後はアグエロが再びネットを揺らし、勝利を手繰り寄せるゴールを決めた。試合はこのまま終了し、3-1でマンCがボーンマスを撃破。2勝1分のマンCは順位を2位に押し上げている。

この試合で3点目のゴールを生み出したD・シルバ(アシスト)とアグエロ(得点者)。データサイト『opta』によると、このコンビでゴールを決めたのはプレミアリーグで27度目とのこと。これはアーセナルの黄金コンビであるティエリ・アンリとロベール・ピレス(29ゴール)、チェルシーの黄金コンビであるディディエ・ドログバとフランク・ランパード(36ゴール)に次いで、リーグ史上三番目の数字だという。

さらに、D・シルバとアグエロの2人は、この試合で仲良く偉業も成し遂げている。前者はマンC通算400試合出場を達成したのに対し、後者はキャリア通算400ゴールを達成。ともに「400」のメモリアルを打ち立てており、プレイ以外でも相性は抜群だ。現在のプレミアリーグで最強コンビといっても過言ではない2人は今季、いくつのゴールを生み出すのか。今後の活躍にも目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ