ロドリ、ペペでもない! 今夏”プレミアNo.1補強”に選ばれた選手は誰だ

トッテナムに加わったエンドンベレ photo/Getty Images

英紙がトップ5をチョイス

まだリーグ戦もスタートしていないため、今夏に移籍を決意した選手たちが必ず成功するとは限らない。ただ、前評判の高い選手は多い。その中でNo.1補強と期待されている選手は誰なのか。英『FourFourTwo』今夏プレミアリーグ・ベスト移籍をランキング形式で紹介している。

5位:モイーズ・キーン(エヴァートン/FW)



近年のエヴァートンに欠けていたのは、得点力のあるセンターフォワードだ。昨季はFWリシャルリソンとMFギルフィ・シグルズソンがチームトップとなるリーグ戦13得点を記録しているが、さらに上を目指すならば20得点近く奪えるストライカーが欲しい。キーンはユヴェントスで出番が限られていたものの、昨季は89分に1ゴールのペースでネットを揺らしている。目指すはロメル・ルカク2世と言ったところだろうか。

4位:ロドリ(マンチェスター・シティ/MF)



マンCはここ何年かアンカーを務めるフェルナンジーニョの後継者を探してきたが、ようやく理想的な選手が見つかった。ロドリの獲得にマンCは6300万ポンドもの資金を注ぎ込んでいるが、能力や将来性を考えると良い補強と言えよう。足下の技術に加え、アトレティコ・マドリードで磨かれた守備意識も魅力的だ。ブレイクの可能性は高い。

3位:ニコラ・ペペ(アーセナル/FW)



アーセナルにとってウイングの獲得は今夏のメインターゲットの1つだったが、最終的には欧州複数クラブが目をつけていたペペの獲得に成功した。ペペは昨季リールでリーグ戦22得点を記録しており、チャンピオンズリーグ出場権を持つクラブでプレイすることも可能だったはず。その中でアーセナル行きを選択することになり、今夏No.1と言っていいほどのサプライズ移籍となった。ピエール・エメリク・オバメヤン、アレクサンドル・ラカゼットとの3トップに同メディアも期待をかけており、プレミア1年目から大爆発といきたいところ。

2位:ユーリ・ティーレマンス(レスター・シティ/MF)



同メディアはティーレマンスの移籍を奇妙だと取り上げている。これは獲得に動いたレスターのことを指しているのではない。なぜティーレマンス獲りにプレミアTOP6が強い関心を示さなかったのかと不思議に思っているのだ。ベルギー期待の若手MFであるティーレマンスは今年1月にレスターへレンタル移籍し、今夏に完全移籍する流れとなった。同メディアはティーレマンスならTOP6のクラブでプレイできたと感じているようで、レスターにとってはかなり大きな補強と言えそうだ。

1位:タンギー・エンドンベレ(トッテナム/MF)



1位に選ばれたのは、トッテナムがリヨンから獲得したエンドンベレだ。エンドンベレは足下の技術に加えて縦への推進力も備えており、プレミアでも十分に通用するだろう。同メディアは以前トッテナムに所属していたMFムサ・デンベレのように対処が難しい選手だと伝えており、22歳という年齢を考えても10年近くエンドンベレがトップレベルを維持できるはずと期待をかけている。


果たしてこのトップ5に入った選手たちは期待通りのパフォーマンスを披露できるのか。ロドリ、ペペ、エンドンベレには多額の移籍金が費やされていることもあり、結果を残せなかった場合は批判を浴びることになるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ