止まらない久保建英への驚き 西メディア「魔法の10分間」

出場10分間で積極性を見せた久保建英 photo/Getty Images

まさに「砂漠にあるオアシス」

日本代表MF久保建英が所属するレアル・マドリードは30日、アウディカップ2019の準決勝でトッテナムと対戦。前半にミスから先制点を奪われると、90分通してなかなか試合のペースを握ることができず、レアルは0-1でトッテナムに敗れている。

インターナショナル・チャンピオンズ・カップを戦ったアメリカツアーに続き、アウディカップでもレアルのトップチームに帯同することとなった久保。この一戦はベンチスタートとなったが、80分から途中出場を果たす。出場直後は少々ミスが目立ったが、わずか10分間のパフォーマンスの中で積極的な姿勢をみせ、ドリブルで仕掛けたり、3本のシュートを放ったりと、最後までトッテナムゴールに迫った。

ゴールこそ奪えなかった久保だが、ここまでのプレシーズンマッチで1つも白星が奪えていないチーム状況の中でも存在感を発揮しており、地元メディアやファンの評価もうなぎ登りだ。この一戦を報じたスペイン『okdiario』は「クボが魔法の10分間で再び驚かせた」との見出しで「最悪の結果でレアル・マドリードの周りには多くの悲壮感が取り巻いており、悪いプレシーズンとなっているが、タケフサ・クボのレベルはファンにとって砂漠にあるオアシスのようなものだ」と取り上げている。

久保はこの調子でアピールを続け、シーズン開幕後もトップチームでプレイすることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ