左SBの控えを獲得すべきじゃないか? リヴァプールにオススメする“3名”

昨季ベティスで好パフォーマンスを見せたフィルポ photo/Getty Images

英メディアが厳選したヤングスター

昨季限りでDFアルベルト・モレノが退団し、左サイドバックを本職とする選手がレギュラーのDFアンドリュー・ロバートソンのみとなっているリヴァプール。緊急時にはMFジェイムズ・ミルナーや若いDFアダム・ルイスとDFヤセル・ラローチも同ポジションでプレイ可能だが、万全を期すなら補強をしておきたいところだろう。

そんなリヴァプールに英『sportskeeda』が3名の補強候補をオススメしている。先日、クロップ監督は左サイドバックの補強について「まだわからない」としたが、同メディアは今夏に動くべきだと主張している。

・ジャマール・ルイス(ノリッジ/21歳)

最初にオススメされたのはノリッジのジャマール・ルイスだ。注目株でこそないが、同メディアは「今夏補強に大金を投じない」と明言しているクロップ監督の意向に沿ってこの21歳をチョイスしている。昨季はチャンピオンシップ(英2部)で42試合に出場しており、今後が楽しみな存在だ。

・サンティアゴ・アルサンメンディア(セロ・ポルテーニョ/21歳)

先日のコパ・アメリカではパラグアイ代表の一員として、全試合にスタメン出場した21歳。同大会では1列前でプレイしていたが、彼本来のポジションは左サイドバックだ。所属する母国のセロ・ポルテーニョでも絶対的な地位を確立しており、近々欧州に上陸するのではないかと噂されている。移籍金が高騰する前に確保しておくのはアリかもしれない。

・ジュニオル・フィルポ(ベティス/22歳)

ゴールに直接絡むタイプの攻撃的な選手。積極果敢なサイドアタックに加え、184cmのサイズを活かした空中戦も彼の武器だ。このU-21スペイン代表にはバルセロナも関心を寄せているとされている。獲得できれば大きな戦力となることは間違いないが、マネーゲームとなる可能性も高そうだ。

はたして、この3名の中に今後リヴァプールへ加入することとなる選手はいるのか。まずは同クラブが補強に動くかどうかだが、今後の動向に注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ