高くて強くて速い! ”ルカク以上”の数字残す大型ストライカーがプレミアへ

ウェストハムに加わるハラー photo/Getty Images

チームメイトもルカクと比較

サイズがあって空中戦に強く、スピードがあって得点力もある。これは夢のストライカー像と言えるだろう。マンチェスター・ユナイテッドでプレイするFWロメル・ルカクはそれに近い存在と言うことができ、190cmのサイズに加えて縦へのスピードも持ち合わせる驚異のFWだ。

そのルカクと同じタイプと言われているのが、今夏フランクフルトからウェストハムにやってきたFWセバスティアン・ハラーだ。ハラーも190cmのサイズがあり、縦への推進力も兼ね備えている。フランクフルトではルカ・ヨビッチ、アンテ・レビッチらと強力3トップを形成しており、そんなフィジカルモンスターがついにプレミアへやってくる。

ハラーはフランスの世代別代表でプレイしてきた選手だが、同じくフランスの世代別代表でプレイしてきたDFイッサ・ディオプも現在はウェストハムに所属している。英『Squawka』によると、ディオプはハラーがルカクに近いタイプのストライカーだと語っており、DFにとって非常に厄介な存在と実力を認めている。

「セバスティアンは非常に良い選手だし、非常に強くて優れたテクニックを持つ。僕たちのために多くのゴールを決めることを祈っているよ。彼とはU-21フランス代表で数試合一緒にプレイしたし、トレーニングもした。だから彼にチャレンジするのがいかに難しいか分かっているんだ。彼はサイズもあってパワフルだからね。彼は体を上手く使うし、DFにとってはタフな相手だ。ルカクとセバスティアンは得点も奪えるし、何でも出来るターゲットマンとして似ているのは事実だ。セバスティアンはスピードもあるし、完璧なストライカーだよ」

また同メディアのデータでは、ハラーは昨季ブンデスリーガで1試合平均8.29回の空中戦勝利数を記録。一方でルカクは3.93回となっており、こちらはハラーが圧倒的に上回っている。また1試合平均のデュエル勝利数でもルカクが5.24回なのに対し、ハラーは12.01回と差がある。このフィジカルがプレミアのDFをどこまで苦しめるのか、ウェストハムの戦いが楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ