189cmもあるけど”マルシャル風FW” ドイツにやってきた大型アタッカー

フランスの世代別代表でプレイしてきたテュラム photo/Getty Images

レジェンドの息子

またフランスから特別な才能を持つ若手がブンデスリーガへとやってきた。22日にボルシアMGへの移籍が決まったのは、元フランス代表DFリリアン・テュラム氏の息子としても有名な21歳FWマルクス・テュラムだ。マルクス・テュラムはフランスのギャンガンでプレイしていた選手で、父とは違ってアタッカーだ。

189cmと恵まれたサイズを誇り、昨季はリーグ・アンで9得点を記録。9得点と聞けば少ないように感じるかもしれないが、ギャンガンは昨季チーム全体で28得点しか奪えず最下位に終わったチームだ。テュラムはそこで9得点を奪っているのだから、この数字は評価されるべきだろう。約3分の1の得点を1人で決めたことになる。

ブンデスリーガ公式もマルクス・テュラムを特集しているが、マルクス・テュラムはフランスの世代別代表でもプレイしてきた選手だ。2016年にはU-19欧州選手権で優勝を経験しており、当時のチームには現パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペもいた。当時のフランスは圧倒的な攻撃力で大会を制しており、マルクス・テュラムもムバッペと同じようにA代表入りを狙いたい。

同サイトはサイズが全然違うが、マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルのような選手とマルクス・テュラムを表現している。サイズに似合わぬスピードを持ち合わせ、そのうえパワーもある。繊細なタッチでのドリブルもあれば、強引に力でねじ込むドリブルを披露するなど、個人で仕掛けられる実力者だ。

ボルシアMGの公式Twitterでは背番号10のユニフォームを着用するテュラムの写真が掲載されており、クラブからの期待の大きさがうかがえる。父リリアン・テュラム氏に負けぬ名選手となるべく、息子マルクスの新たな戦いがスタートする。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ