アリソンの壁高すぎる リヴァプールの”No.2GK”は今夏退団するべきだ

リヴァプールのミニョレ photo/Getty Images

同じこと経験したOBからアドバイス

2018-19シーズンのチャンピオンズリーグを制したリヴァプールでは、守護神アリソン・ベッカーが圧倒的な存在感を放っている。ブラジル代表でも守護神を務めるアリソンの牙城は高く、リヴァプールでアリソンからポジションを奪える者はいないだろう。

そんなリヴァプールでNo.2のポジションにいるのがシモン・ミニョレだ。ミニョレはアリソンのバックアッパーとして2018-19シーズンを過ごし、リーグ戦とチャンピオンズリーグでは出番がなかった。

英『The Times』によると、そんなミニョレに退団を勧めているのがクリス・カークランドだ。イングランド代表に選ばれた経験を持つカークランドは、2001年から5年間リヴァプールに所属していたことがある。リヴァプールは2004-05シーズンにもチャンピオンズリーグを制しているが、その時ゴールを守っていたのはイェルジー・デュデクだ。カークランドもデュデクとのポジション争いに敗れ、バックアッパーの立場にいた経験を持っているのだ。今のミニョレと似た状況で、自身もミニョレの心境が分かるのだろう。

「アリソンがフィットしている限りシモンがプレイすることはないだろう。それは分かっている。シモンはトップクラスのGKだが、アリソンは別のレベルだ。シモンは決断しないといけない。リヴァプールに残り、アリソンが怪我や突然パフォーマンスを乱すようなことがない限りプレイする機会がない状況でもハッピーなのか、それとも別のところでプレイしたいのかをね。彼はまだ長くプレイできるし、彼が出場機会を求めて出ていかなければ驚きだね。私もその理由でウィガンを離れないといけなかった。私はプレイしたかったから、シェフィールド・ウェンズディへ行ったんだ」

ミニョレはベルギー代表としてもプレイした実力者で、プレミアの中堅クラブならばまだ十分に戦えるはずだ。アリソンの存在が大きすぎるだけに、出場機会を求めるなら移籍しか選択肢はないか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ