C・ロナウドは来季”40ゴール”を サッリはエースを中央最前線で起用か

ユヴェントスのC・ロナウド photo/Getty Images

中央で起用するアイディア

新シーズンよりユヴェントスを指揮するマウリツィオ・サッリがエースのクリスティアーノ・ロナウドをどう活かすのか。ここは大きな注目ポイントだ。

スペイン『as』などによると、今のところサッリはロナウドをセンターフォワードで起用する考えだという。これまでもサッリはエデン・アザールやドリース・メルテンスなど多くの選手を最前線で起用し、0トップも頻繁に使ってきた。ロナウドも0トップのような役割を任される可能性があるようだ。

また、ロナウドへの要求はなかなかハードだ。サッリが求めているのは、シーズン40得点だ。今季ロナウドはイタリア初挑戦ながら28得点を記録しているが、まだ物足りないのだろう。何よりシーズン28得点という数字は、ロナウドにとって2008-09シーズン以降ワーストの数字だ。個人的にも納得はしていないはず。

セリエAのリーグ戦シーズン最多得点記録を持っているのは今季チェルシーでプレイしたFWゴンサロ・イグアインで、その数字は36得点だ。来季のロナウドはこの数字も狙ってくることだろう。

リーグ制覇はもちろん、チャンピオンズリーグ制覇、セリエA得点王を狙う大きなシーズンがロナウドを待っている。サッリは攻撃的なスタイルを好む指揮官だが、ロナウドの得点力を存分に活かせるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ