愛されているぞ吉田麻也 地元メディア「我々は感謝すべき」

今季終盤は守備の要として奮闘した吉田 photo/Getty Images

評価されたチーム愛

プレミアリーグのサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也。今季はアジア杯でチームを離れることもあったが、終盤戦は守備の要としてチームを支えた。最後の3試合こそ体調不良で欠場したものの、サウサンプトンにとって彼は欠かせない戦力だ。

そんな吉田の奮闘を英『Saints Marching』が称えている。同メディアは今季のスタッツを紹介しつつ、このサムライを次のように評した。

「ヨシダはインターセプトとクリアを得意とする強固なディフェンダーだ。中でも注目すべきは、彼がいつでもサウサンプトンに110%の力を与えるということ。ヨシダは1試合の平均で2.5回のインターセプトと5.9回のクリアを記録した。加えて、ビッグ6相手に11回ものクリアを披露した試合が2度あった。これは、今まで在籍したサウサンプトンDFの中でも良いパフォーマンスの1つだ。タフな相手に勝利するヨシダは素晴らしい。プレミアやサウサンプトンの中で彼は“最高”とは言えないかもしれない。ただ、彼はクラブを愛しているし、クラブが成功するために求められることは何でもする。移籍の話が浮上した時も、お金よりチームへの愛を尊重してくれた。サウサンプトンにマヤ・ヨシダのような男がいることを我々は感謝すべきだ」

今季は公式戦20試合の出場にとどまったものの、吉田に対する信頼は絶大なようだ。日本のディフェンスリーダーは、サウサンプトンの人々にも愛されている。

来季はさらなる活躍が期待される。残留争いに巻き込まれた今季は、吉田にとっても不本意なシーズンだったことだろう。2019-20シーズンは、フル回転でチームの上位進出に貢献したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ