[MIXゾーン]藤本の一発に沈んだ湘南 DF山根視来が悔やんだことは……

大分戦を振り返った山根 photo/Getty Images

敵陣まで入っての守備が光っていたが......

明治安田生命J1リーグの第11節が5月12日に行われ、湘南ベルマーレが大分トリニータに0-1で敗れた。

試合序盤からハイプレスを仕掛けて大分のパスワークを封じにかかったものの、後半7分に相手のFW藤本憲明に最終ラインの背後を突かれ、決勝ゴールを奪われた湘南。3バックの一角でプレイした同クラブのDF山根視来はミックスゾーンでのインタビューに応じ、自身やチームのパフォーマンスについて語ってくれた。

─敵陣まで入って小塚選手(大分のシャドーストライカー)を潰すシーンが何度か見受けられましたが、試合前からそのような指示があったのでしょうか。


山根 「大分は(小塚和季が)後ろに下りて自陣で数的優位を作り、そこでボールを持ってじりじり前進することが多いチームですので、リスクはありましたが、前に出て奪いにいく守備をあえてしました」

─山根選手が前に出た際のリスク管理を、チームとしてどのようにされていましたか。


山根 「(小塚に対して)マンツーマン気味になってしまうんですけど、ラインをコンパクトにして、勇気を持って守備をしていました。リスクのあることをやっているので難しいのですが、後半に1度チャンスを作られて(後半3分に藤本に最終ラインの背後を突かれて)、同じような形でもう一度ピンチを招いてしまったので(失点場面)、後ろの人間としての責任ですとか、チームのためにもう少し良いポジションを自分がとれなかったかなと感じています」

─失点場面(後半7分)のライン設定ですが、振り返ってみていかがでしたか。


山根 「(相手MF島川俊郎が藤本へ)アーリー気味のボールを入れてきたので、その時に(センターバックの)坂と同じラインに僕がしっかりと戻れていれば滑らなくても(スライディングしなくても)良かったと思いますし、その点では責任を感じています」 

失点場面では懸命に自陣ペナルティエリアへ戻り、スライディングでのボール奪取を試みたものの、藤本にかわされる形に。僅かなポジショニングの乱れを反省した山根だが、この経験を糧とし、湘南の浮上に貢献できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ