マルセロのジダン愛が強すぎる!? 「彼のために何でもする」

マルセロ(左)はことあるごとにジダン(右)を称賛している photo/Getty Images

インタビューで褒めちぎる

今季はDFセルヒオ・レギロンの台頭もあり、なかなか出場機会を伸ばすことができなかったレアル・マドリードのDFマルセロ。シーズン中には、彼がユヴェントスへの移籍を本気で考えているとの報道もなされた。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の復帰によって再度スペインで活躍することを彼は誓ったようだ。

マルセロは『Sportingbet.tv』のインタビューに登場。インタビュアーを務めた元ブラジル代表MFエラーノ・ブルメル氏に対して次のようにジダンを語っている。

「彼が戻ってきてくれて嬉しいよ。みんなジズー(ジダンの愛称)を敬愛している。すでに僕は彼のために何でもするとたくさん話したよ。復帰は本当に嬉しいことだ。僕だけでなく、マドリディスタ全員にとってね。彼はより簡単にやるべきことを伝えられるように選手と話す方法を知っている。彼が選手だったこととは関係なくね。彼は最高だよ、普通じゃない。監督としてとても勇敢で、(一緒に過ごしたのは)短い時間だけど僕の中ではとても大きな存在だ」

自身を重宝してくれるといった感情ではなく、マルセロは心からジダンを尊敬しているのかもしれない。中途半端な慰留よりも、ジダン復帰の方がマルセロに対しては絶大な効果があったようだ。ジダン愛は相当なものなのだろう。

マルセロの今季リーグ戦出場は21試合。昨季まで絶対的な地位を築いていたことを考えれば物足りない数字だ。たしかにポジションを争うレギロンにはマルセロにない守備力がある。しかし、マルセロにはレギロンにない爆発力があるのもまた事実だ。来季ジダンはこの2人を併用するのか、それともどちらかに絶対的な地位を与えるのか。いずれにせよ、マルセロのやる気は十分だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ