“アフリカのシャビ”が味わう失望 バルサ、アーセナル行けずに降格の悲劇

フラムで降格味わったセリ photo/Getty Images

一昨季の評価は上々だったが……

バルセロナ以外でもシャビ・エルナンデス2世と呼ばれる選手はいるが、昨夏大きな注目を集めていた司令塔がいる。フランスのニースでブレイクし、バルセロナなど複数の強豪クラブが獲得に興味を示していたMFジャン・ミシェル・セリだ。

セリの評価が大きく高まったのはニースがリーグ・アンで3位に入った2016-17シーズンで、このシーズン終了後に移籍の可能性が頻繁に噂されることになった。ただ、この時セリの移籍は実現せず、1年遅れることになってしまった。それによってセリの評価も変わり、昨夏はそれほど激しい争奪戦とはならなかったのだ。

そのセリが昨夏注目を集めたのは、新天地にまさかのプレミアリーグ昇格組フラムを選んだからだ。バルセロナやアーセナルのようなクラブから注目されていた選手が昇格組のチームを移籍先に選んだことは大きな話題となり、フラムには開幕前から高い期待がかけられていた。

しかし、結果は1シーズンでの降格。セリのパフォーマンスも高い評価を受けることはなく、納得のいくシーズンとはならなかった。英『Daily Mail』によればセリにプレミア・チャンピオンシップ(イングランド2部)で戦う考えはなく、現在はフランスのモナコが追いかけているという。

ニースを離れてプレミアへ向かったシャビ2世候補が降格を味わい、そして再びリーグ・アンへ。そうなれば非常に苦いキャリアと言えるが、コートジボワール代表のアフリカのシャビは来季もう1度輝きを放てるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ