ロナウドに背番号を譲った男を忘れてないか? クアドラードが残留表明

ロナウドの加入でますます立場が危うくなってしまったクアドラード photo/Getty Images

厳しい立場に置かれているが……

今季クリスティアーノ・ロナウドを獲得し、セリエAで8連覇を達成するなどイタリアの絶対王者として君臨しているユヴェントス。しかし、ある1人の男を忘れてはいないだろうか。コロンビア代表FWファン・クアドラードのことだ。

クアドラードは2015年のユヴェントス加入以降、右サイドのアタッカーとしてレギュラーの地位を築いていた。しかし、2017年12月に怪我を負うと状況が一変。3月に復帰はしたものの、あまり多くの時間はプレイできずそのままシーズンを終える。そんなクアドラードに追い討ちをかけるかのごとく、クラブはスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウドを獲得した。それに伴い、自身のトレードマークとなっていた背番号7をロナウドに譲ることとなってしまったクアドラード。一気にポジションと背番号を失ってしまった彼は今季巻き返しを図るも12月に膝の半月板を損傷。前人未到の8連覇を果たしたチームからは浮いた存在となってしまっていた。

しかし、それでもめげずにクアドラードはユヴェントスでの再起を誓ったようだ。伊『Gazzetta dello Sport』によると、彼は怪我で戦線を離れていた頃のもどかしさを語りつつ残留の意思を示している。

「ぼくらは自分自身をさらに高めるため、今年イタリアで多くの努力をした。今季はチャンピオンズリーグでの敗退もあったけど、失意のシーズンではなかったよ。8年連続の優勝は並外れたもので、これは歴史に残り続けるだろうね。家で試合を見ることもあって、仲間を助けるためにできるだけ早くチームに戻りたいと願ったよ。とても悲しかったけど、早く復帰できるように努力した。将来かい? ぼくはまだ契約を1年残している。ユヴェントスに残留することを望むよ」

普通なら出場機会を求めて他クラブへの移籍を考えてもおかしくはない。ロナウドに背番号を譲ったエピソードといい、この30歳は素晴らしいパーソナリティを備えていると言えるだろう。

今季クアドラードが出場したリーグ戦は14試合で得点もわずか1ゴール。2シーズン続けて逆境に立たされている彼だが、来季再びユヴェントスの主力として大車輪の活躍を見せることはできるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ