アーセナルの若き天才が帰ってくるぞ! 今冬ドイツに渡った18歳が実戦復帰へ

次世代イングランドのスターとして期待されているスミス・ロウ photo/Getty Images

ブンデス初出場なるか

昨夏のプレシーズンマッチでインパクトを残し、ELのグループステージでも2得点を記録するなど次世代のイングランドサッカー界を担う存在としてその将来を期待されている18歳のMFエミール・スミス・ロウ。今冬、アーセナルからライプツィヒへとローン移籍をした彼は鼠径部の負傷で加入早々に離脱を余儀なくされた。2月に練習へ復帰したものの、いまだドイツで試合に出場できない時間が続いている。しかし、若き天才がピッチに帰ってくるのもそう遠くはないようだ。

独『Bild』によると、ライプツィヒのラルフ・ラングニック監督は次節ヴォルフスブルク戦でのスミス・ロウが試合に出場する可能性があるとほのめかしている。

「スミス・ロウはトレーニングで我々がなぜ彼を獲得したのかを示したよ。彼は体格、スピード、そして信じられないほど優れたシュートテクニックがうまく組み合わさっている選手だ。ゲームの状況が許すのなら、我々はエミールを投入することが可能だ。彼はチームを助けることができるよ」

起用するメドが立ったのはクラブの順位も大きく関係しているのだろう。ライプツィヒは現在3位と優勝争いこそできていないものの来季CL出場圏内はしっかりとキープしており、ここから順位が動くとすれば3ポイント差の4位フランクフルトに逆転される可能性がある程度だ。比較的自由に選手を起用できるこの状況でスミス・ロウの出番は増えるかもしれない。

スミス・ロウがドイツで試合に絡めていない期間、イングランドでは19歳のFWジェイドン・サンチョや同い年のFWカラム・ハドソン・オドイがA代表デビューを飾っている。同世代選手との間には差が生まれてしまったが、残り試合でインパクトを残してアピールといきたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ