やっぱりイタリア勢に勝ってほしい! トッティはユヴェントスのCL準決勝進出を願う

ユヴェントスのCL準決勝進出を願うトッティ photo/Getty Images

セリエAではライバル関係にあるが

“ローマの王子”が国内ライバルクラブの欧州における躍進を願っている。現地時間10日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、ユヴェントス対アヤックスの試合は1-1の引き分けに終わった。このカード、1回戦で昨年の覇者レアル・マドリードを降したアヤックスに注目が集まりがちではあるが、ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティはユヴェントスの準決勝進出を期待している。

伊『Corriere dello Sport』によると、トッティは「当日の夜は夕食に人が集まっていたから、アヤックスとユヴェントスの試合をすべて見ることはできなかったんだ。準々決勝はすべて難しい試合だね。どこが勝利してもおかしくないけど、イタリアのチームが突破することを願っているよ」とコメントし、イタリア勢唯一の生き残りであるユヴェントスにエールを送った。

トッティといえばローマだが、今回はセリエAでのライバルということは関係なく、純粋にイタリア人としてユヴェントスを応援しているようだ。チャンピオンズリーグにおいて、イタリアのクラブは2009-10シーズンにインテルが優勝して以来、実に8年もの間ビッグイヤーから遠ざかっている。近年のイタリアサッカー界にとって、国内チームのチャンピオンズリーグ制覇は悲願といえるだろう。

2ndレグは現地時間16日にユヴェントスのホームであるアリアンツ・スタジアムで行われる。1-1ながらアウェイゴールを奪ったうえでの本拠地開催と準決勝進出にむけて好材料がそろう中、イタリアの強豪はアヤックスの進撃を止めることができるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ