バルサ、夏の改革! コウチーニョ、ウムティティら”11選手”に放出の可能性

バルセロナのコウチーニョ photo/Getty Images

スター選手たちに放出の可能性

バルセロナはすでに今夏アヤックスからMFフレンキー・デ・ヨングが合流することを発表するなど、相変わらず市場で活発な動きを見せている。ただし、これで終わりではない。今夏には放出の方でも注目を集めることになるかもしれない。

『ESPN』は、バルセロナが11選手も放出する可能性があると伝えた。多額の移籍金を回収できそうなところでいうと、チームに100%フィットしたとは言えないMFフィリペ・コウチーニョ、クレマン・ラングレにポジションを奪われつつあるDFサミュエル・ウムティティ、ウイングで期待されたほどのインパクトを残せていないFWマウコム、デ・ヨングの合流で去就が注目されるMFイヴァン・ラキティッチの4人がリストに挙げられている。

彼らを売却すれば多額の移籍金を回収することができ、さらなる補強へ繋げることも可能となる。さらに控えGKのイェスパー・シレッセン、MFラフィーニャ、アーセナルにレンタル移籍しているMFデニス・スアレス、エヴァートンにレンタル移籍しているMFアンドレ・ゴメス、スィヴァススポルにレンタル移籍してるDFドウグラス、デポルティーボにレンタル移籍しているGKアドリアン・オルトラ、イスタンブール・バシャクシェヒルFKにレンタル移籍しているMFアルダ・トゥランも構想に入れていない。彼らも売却候補で、これで計11人だ。

コウチーニョ、ウムティティ、ラキティッチといったところは争奪戦となるはずで、すでにマンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブが動いているとの情報もある。特にコウチーニョの今後はかなりの注目を集めることになるだろうが、バルセロナは今夏大きく動くのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ