ピルロ氏、“魔法の右足”は健在 鮮やかすぎるFKにファンも驚愕[映像アリ]

かつてミランの黄金期を支えたピルロ氏 photo/Getty Images

「まだこんなものを持っているのか」

現役時代に正確なキックで多くのファンを魅力してきた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏だが、今もなお“魔法の右足”は健在だった。

23日にリヴァプールとACミランのレジェンドたちが相見えるチェリティーマッチがアンフィールドで開催された。リヴァプール側にはスティーブン・ジェラード氏やマイケル・オーウェン氏、ジェイミー・キャラガー氏、ディルク・カイト氏らが、一方のミランはパオロ・マルディーニ氏やカフー氏、フィリッポ・インザーギ氏、ジェンナーロ・ガットゥーゾ 氏らが名を連ねており、両チームに豪華メンバーが揃っている。

そんな試合に、ミランOBとしてピルロ氏も参加。そして0-2で迎えた61分、同氏はペナルティアーク手前で得たFKのキッカーを任される。直接狙ったシュートは壁の上を越えると、GKは一歩も動けず、華麗にゴール右へ突き刺さったのだ。この試合をで実況していた両クラブの公式Twitterには「彼はまだこんなものを持っているのか。偉大な選手だ」といったピルロへの賛辞が多く寄せられており、鮮やかなFKにファンも驚いているようだ。なお、試合はその後、ミランが一時同点に追いついたものの、リヴァプールが終盤にジェラードのゴールで勝ち越し。3-2でリヴァプールに軍配が上がっている。

試合後、インタビューに応じたピルロ氏は「ここでプレイするのは本当に美しいね。アンフィールドでプレイすることは、いつだって素晴らしいことだ。私たちにとっても特別なものとなったよ」とコメント。リヴァプールの公式サイトが伝えている。さらに直接FKのシーンについては「このような状況から得点するのは好きなんだ。キャリアの中でも、いくつかこういったゴールを決めてきた。でも、アンフィールドで得点するのはいつだっていい気持ちだよ。嬉しいね」と語っている。



参照元:YouTube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ