王者・川崎、リーグ戦再開後の巻き返しへ 小林悠「また強いフロンターレを」

復活が期待される主将の小林 photo/Getty Images

「中断期間でリセットしたい」

川崎フロンターレの主将を務めるFW小林悠が、リーグ戦再開後の巻き返しを誓った。

17日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節で、ガンバ大阪をホームへ迎え入れた川崎。前半から幾度となくチャンスを作り、90分通してG大阪の7本に対して倍以上となる15本のシュートを放つも、最後までゴールネットを揺らすことができない。そして、後半アディショナルタイムに一瞬のスキを突かれて失点し、0-1で敗戦を喫した。この結果、王者・川崎は第4節終了時点で3分1敗と、未だ白星を手にすることができず、苦しいスタートとなっている。

負傷によりG大阪戦を欠場し、スタンドからチームを見守った小林が、試合から一夜明けて自身の公式ブログを更新。「たくさんのサポートを受けながら、なかなか勝てないことをとても悔しく思っています。チームがなかなか勝てない中、僕も数試合前から痛みが出ていた膝の痛みが悪化して欠場することになりました」と心境などを明かした。

そして「次の試合まで少し期間が空くのでしっかりと治したいと思います。うまくいかないとき、どうしても人は不平不満を口にしたり、ネガティブな発言や言動が多くなってしまうけど、そんなことも全て乗り越えて、勝ち取った勝利やタイトルの方が僕は絶対に意味があると思うし、そんな人間やチームを目指したい。この少しの中断期間でしっかりとリセットして、また強いフロンターレを見せられるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」と綴っている。

川崎はリーグ戦4試合を戦って3得点と、昨季J1最多得点を誇った攻撃陣が今季は苦戦を強いられている。小林自身もここまでノーゴールとなっており、主将の復調がチームに勢いを取り戻させるかもしれない。まずは代表ウィーク中にしっかり怪我を治してもらいたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ