バルセロナこそ”CL優勝候補筆頭”なのか 「彼らが欧州最高のチーム」

国王杯でレアルを撃破したバルセロナ photo/Getty Images

レアル撃破で評価は高まる

今季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1stレグではユヴェントスがアトレティコ・マドリード相手に0-2で敗れ、優勝候補がいきなり躓く展開となった。改めてレベルの高さを思い知らされる決勝トーナメントのスタートとなったが、現時点で最も優勝に近いのはどのクラブなのか。

英『FourFourTwo』によると、バレンシアなどで活躍したガイスカ・メンディエタ氏がプッシュするのはバルセロナだ。バルセロナも1stレグでリヨンと引き分けるスタートとなったが、リーガ・エスパニョーラでは首位を走り、スペイン国王杯ではレアル・マドリードをも粉砕してみせた。やはりバルセロナは調子に乗せると怖いチームだ。

「現時点で彼らは欧州最高のチームだよ。バルセロナの一貫性や選手層、インパクトを残せる控え選手、彼らが今最高のチームではないかと思うよ。1チームが飛び抜けているとは言わないけどね。リヴァプール、マンチェスター・シティ、バイエルン、彼らも似たレベルにある。ただ、現時点ではバルセロナによりチャンスがあるように見える」

メンディエタ氏はこのように語っており、バルセロナの実力を高く評価している。まずは2ndレグでリヨンを撃破しなければならないが、実力的には十分倒せる相手だ。リーガ、国王杯、チャンピオンズリーグの3冠達成となるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ