バルサに来た”悪童”はどうした? スアレスの控え候補は信頼失ったのか

バルセロナのボアテング photo/Getty Images

スペイン紙は厳しい視線

ルイス・スアレスとはタイプが異なるセンターフォワードになると期待されていたのだが、サッスオーロから今冬チームに加わったFWケビン・プリンス・ボアテングが苦戦している。

リーグ戦では1-0で辛勝したバリャドリード戦のみの出場に留まっており、スペイン国王杯ではセビージャとの準々決勝1stレグに先発出場を果たすも0-2と敗れている。パワーを活かしたポストプレイは高い評価を受けていたのだが、スペイン『as』は早くもボアテングが指揮官エルネスト・バルベルデの信頼を失ったと伝えている。

今節4-2で勝利したセビージャ戦では召集メンバーに入らず、今のところボアテングはスアレスのバックアッパーになりきれていない。今後チャンピオンズリーグとリーグ戦を戦っていく中でローテーションしたい時が出てくるはずだが、現時点ではボアテングを最前線に置くのは難しいのかもしれない。

攻撃陣ではセンターフォワードではないが、ウスマン・デンベレ、フィリペ・コウチーニョ、マウコムとベンチに置いておきたい選手がいる。ボアテングはここに割って入る必要があり、同メディアは早くも危険な状態にあると感じているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ