日本人選手の存在感増すばかり ベルギーを支配する”10人のサムライ”

ヘンクに加わった伊東 photo/Getty Images

ベルギーは重要な移籍先候補に

ヘントで活躍した久保裕也、ワースラント・ベヘレンでブレイクし、今もシャルルロワでプレイする森岡亮太の存在も大きかったのだろう。今ではベルギーのジュピラー・プロ・リーグが日本人選手で溢れている。

今冬には柏レイソルから日本代表FW伊東純也がヘンクに移籍。これで今季ベルギー1部でプレイする日本人選手は10人目となった。ベルギー『Voetbal Belgie』も「サムライ」が増えたと改めて特集している。

「伊東はヘンクの新たなウイングであり、我々の国で10人目のサムライとなる。日本のDMMが所有するシント・トロイデンでは冨安健洋、鎌田大地、遠藤航、関根貴大、小池裕太、木下康介の6人がいる。シャルルロワの森岡、オイペンの豊川雄太、セルクル・ブルージュの植田直通も日本の選手だ。冨安と鎌田はすでにシント・トロイデンで美しいものを見せている」

シント・トロイデンが半数以上を占めるものの、ベルギーのクラブにとって日本人選手は特別な存在になりつつある。ここから欧州四大リーグのクラブにステップアップする選手が出てくれば、日本人選手にとってもベルギーでチャレンジする意味が増してくる。Jリーグからベルギーへという流れは今後も続いていくことだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ