世界トップレベルのMFになる! アーセナルで躍動の”19歳”を先輩も絶賛

アーセナルのグエンドウジ photo/Getty Images

エメリの信頼掴む

グラニト・ジャカ、ルーカス・トレイラと実力者が中盤に揃う中、今季アーセナルで予想された以上に出場機会を得ているのが19歳のMFマッテオ・グエンドウジだ。昨夏にフランスのロリアンからやってきた若手MFは、リーグ戦だけで22試合に出場するなど指揮官ウナイ・エメリの信頼を掴んでいる。

獲得当初は名前を聞いたことのなかったサポーターも多かったはずだが、結果的にグエンドウジの獲得は正解だったと言える。英『METRO』によると、チームメイトのヘンリク・ムヒタリアンもサッカーに集中して取り組めば世界を代表するタレントになれると才能を評価する。

「彼はまだ19歳だ。フットボールに集中しないとね。18、19歳でリーグ・ドゥからアーセナルにやってくるなんて、こんなチャンスは全員が得られるわけではない。彼には大きな才能があるよ。僕たちは毎日彼に言っているんだけど、地に足をつけてハードワークを続けろとね。彼はまだ19歳で、ハードに取り組まないといけない。彼は世界最高の選手の1人になれるよ」

まだポジショニングなど気になる部分もあるが、中盤で激しくボールを奪い取るなど19歳とは思えぬプレイも見せている。プレミアリーグへの適応も問題がなかったように感じられ、数年後には中盤の一角を自分のものにできるだろう。今の調子をずっと維持していくことができれば、ムヒタリアンが言うように世界トップレベルの選手になれるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ