オシャレ番長ベジェリン、一番好きなユニは、なんと日本代表の“炎モデル”![映像アリ]

ファッショニスタとして知られるベジェリン photo/Getty Images

「これが大好きなんだ!」

アーセナルDFエクトル・ベジェリンは、無類のファッション好きとしても知られている。自身の着こなしをたびたびInstagramにアップしているほか、パリコレに足を運ぶなど、かなり本気だ。そのファッショニスタぶりは、時にオシャレすぎて一般人の理解を超えることがあるものの、フットボールファンを楽しませてくれている。

そんなベジェリンは、先日『BT SPORT』の企画で、自分が今まで着てきたユニフォームや、好きなユニフォームを語るという動画を撮影した。

大量のユニフォームに囲まれたベジェリンは、自身の思い出話などを交えながらお気に入りをチョイス。「初めて見たナショナルチームのユニフォーム。モリエンテスやラウールがプレイしていた。よく覚えているよ」と、1994〜’96年のスペイン代表のシャツを手に取ったり、「初めてバルサでプレイした時に着たシャツだ」と、2002-03シーズンのバルセロナのシャツについて語ったり、終始ご機嫌な様子。

だが、驚きが最後に待っていた。「気に入ったデザインのシャツをあげる」と言われたベジェリンは、「これが大好きなんだ!」と、ラックから緑色のシャツをチョイス。その1枚とは、なんと日本代表が初めてW杯に出たときに着用していた通称“炎モデル”。そのGK用だったのだ。バックにはしっかり「NARAZAKI」の文字が入っていた。

大胆なデザインが賛否両論だった“炎モデル”だが、ベジェリンにとっては最高にイカした1枚だったようだ。

※該当箇所は9分20秒〜


記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ