アーセナル、ペリシッチ獲得交渉が難航も…… 本人は移籍に乗り気

インテルへ移籍志願書を提出したペリシッチ photo/Getty Images

トランスファーリクエストを提出

2015年よりインテルに在籍し、クロアチア代表として昨夏のロシアW杯にも出場したMFイヴァン・ペリシッチ。長きにわたり同クラブのサイド攻撃を牽引しているものの、アーセナルへの移籍の噂が複数のメディアで報じられている。

英『The Guardian』や『BBC SPORT』などによると、ローン移籍での同選手の獲得を目論むアーセナルの申し出を、インテル側が拒否(3500万ポンドでの買取オプションつき)。しかしその一方で、ペリシッチがインテルにトランスファーリクエスト(移籍志願書)を提出したことが両メディアによって明かされた。

「彼が移籍志願書を提出したのは確かだ。我々としては彼の要求を聞き入れなければならない。数日間様子を見ることになるだろう」と語ったインテルのジュゼッペ・マロッタ氏(クラブディレクター)だが、仮にペリシッチの今冬の移籍が実現すれば、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権確保を目論む同クラブにとって痛手となる。インテルとしては同選手の代役確保を見据え、少しでも多くの移籍金を先方から得たいところだが、この移籍の噂はどのような決着を見るだろうか。






記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ