レアル入り内定の”神童”が世界へ ブラジルの10番がいきなり爆発

サントスでプレイするロドリゴ photo/Getty Images

南米ユース選手権も幕開け

アジアではアジアカップが盛り上がりを見せているが、南米では若手選手たちが奮闘している。現在チリではU-20世代による南米ユース選手権が開催されており、未来のスター候補生たちがアピールの機会と燃えているのだ。

この大会はU-20ワールドカップ出場権も懸かっており、先日ドルトムント移籍が発表されたアルゼンチン代表の19歳DFレオナルド・バレルディら実力者も参加している。

その中でも注目を集めるのはレアル・マドリード行きが内定しているブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスだ。サントスでプレイするロドリゴはブラジルの10番を任されており、グループ第2戦のベネズエラ代表戦では2得点を決めてチームを勝利に導いている。当然ロドリゴが国際舞台でどのようなパフォーマンスを見せるのかレアルもチェックしているはずだ。

スペイン『MARCA』によると、ロドリゴも代表の10番を背負う者として平凡なパフォーマンスはできないと意気込んでいる。決定的な働きからチームを勝利へ導く考えだ。

「僕は10番を背負っていて、普通の選手としてピッチに入ることはできない。僕は試合を決めないといけないんだ。全てにおいてベストじゃないと。2得点はハッピーだよ。でもそれ以上にチームのグループ通過が重要だ」

ロドリゴは幸先のいいスタートを切ったが、ブラジルはこの過密日程の大会を制することができるのか。ロドリゴは今大会注目度No.1選手と言っていいだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ