メッシ、今季のバロンドールについて口を開く「大事な賞ではあるが……」

バロンドール について語ったメッシ photo/Getty Images

「重要視はしていない」

世界No.1プレイヤーと言われるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、残念な結果に終わった今年のバロンドールについて口を開いた。

過去10年間、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバロンドールを奪い合ってきたメッシ。同賞を5度も受賞し、ロナウドとともに最多受賞者となっている。そして今年、どちらがこの記録を更新するかに注目が集まっていたが、いざ1年間戦い終えてみると、レアル・マドリードで欧州3連覇を成し遂げ、クロアチア代表をW杯準優勝へ導いたルカ・モドリッチが初受賞。11年ぶりにメッシとロナウド以外の選手が欧州最優秀選手に輝くこととなった。さらにメッシはランキングでも5位と、2007年から常にトップ3に入ってきたが、その記録も11年でストップしてしまった。

そんなメッシがスペイン『Marca』のインタビューに応じた際、「(バロンドールは)非常に大事な賞ではあるが、重要視はしていないよ。今季はノーチャンスだとわかっていた。僕の名前が(有力候補に)ないことも、耳にしていたしね。3位だろうと、4位だろうと、5位だろうと、期待はしていなかったよ。だからなんの驚きもなかったね」と明かしている。

一方で、チャンピオンズリーグについて「意味のある特別な存在。再び勝ち取りたいと思っているよ。最も美しく、唯一無二のものだよ。他の大会とは異なるんだ。誰もが獲得したいと思っているしね」とコメント。個人タイトルよりもチームの勝利を願っているようだ。

はたして、今季メッシはバルセロナを4年ぶりの欧州制覇へ導くことができるのか。CLで優勝すれば、自然とバロンドールもついてくることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ