バロンドール欲しければCL得点王を! アトレティコFWに求められるもの

アトレティコのグリーズマン photo/Getty Images

メッシ、レヴァンドフスキを超えられるか

ロシアワールドカップはフランス代表の優勝に終わったが、バロンドールに選ばれたのはクロアチア代表MFルカ・モドリッチだった。この決定に不満を示していたのが、フランス代表のエースであるアントワーヌ・グリーズマンだ。モドリッチはレアル・マドリードの一員としてチャンピオンズリーグを制覇しており、グリーズマンはワールドカップよりチャンピオンズリーグの方が重要視されるのかと愚痴をこぼしていた。

ワールドカップとチャンピオンズリーグのどちらが重いのかは分からないが、来年のバロンドールを狙うには今季のチャンピオンズリーグで結果を出すしかない。所属するアトレティコ・マドリードはグループAを2位で通過しており、アトレティコにもファイナルまで進む力はあるはずだ。

さらにスペイン『MARCA』は、グリーズマンに得点王を目指せとメッセージを送っている。グループステージ6試合が終了した段階でグリーズマンは4得点を奪っており、まずまずのスタートを切っている。現在チャンピオンズリーグの得点ランクはバルセロナFWリオネル・メッシ、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが6得点で首位、それにパリ・サンジェルマンFWネイマール、ローマFWエディン・ジェコらが5得点で続く形となっている。

同メディアはグリーズマンにとってあまり馴染みがない得点王争いに加わることがバロンドールに繋がるのではないかと見ており、クラブの成績に加えて個人部門でも結果を求めている。アトレティコもグリーズマンが爆発することで2015-16シーズン以来となるファイナル進出を目指せるだろう。ここ一番での守備は安定しているだけに、全てはグリーズマン次第だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ