“最強すぎる”リヴァプール守護神 スーパーセーブ連発にマンUのOBも唸る

リヴァプールの守護神アリソン photo/Getty Images

リーグ戦、CLでフル稼働

GK獲得に6700万ポンドを費やしたのは正しい判断だったのだろう。リヴァプールにおいてGKアリソン・ベッカーの存在がどんどん大きくなっている。リーグ戦でもそうだが、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のナポリ戦では終盤にチームを救うスーパーセーブを披露。堅守を支えるキーマンの1人になっている。

守備では同じくDFフィルジル・ファン・ダイクもキーマンに挙げられているのだが、マンチェスター・ユナイテッドOBガリー・ネビル氏はアリソンが最も重要な存在だと語る。英『METRO』によると、同氏はアリソンが何度もビッグセーブでチームを救ってきたことを振り返り、セービング率の上昇がリヴァプールの守備力アップの最大の要因だと主張している。

「アリソンは今季何度もチームを救うセーブをしている。ファン・ダイクが最大のインパクトか?いや、違うね。リーグ戦でのセービング率を見るとアリソンは86%で、これはリーグ最高の数字だ。昨季リヴァプールGKのセービング率は64%だったからね。トレント・アレクサンダー・アーノルド、ジョー・ゴメスの若い2人もファンタスティックで、彼らのプレイを見るのは好きだよ。だが、アリソンが全ての違いを生んでいて、チームを真の優勝候補にしている」

堅守はアリソン1人で成り立つものではないが、最後はアリソンがいるとの安心感は大きい。ファン・ダイク、アリソンと高額な移籍金で獲得した2人がフィットしていることがリヴァプール好調の要因なのだろう。チャンピオンズリーグ決勝トーナメントではさらに危ない場面が増えるはずだが、サポーターもチームメイトもアリソンがいればと考えているはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ