ベイルはプスカシュ賞に不満! 「サラーのゴールは素晴らしかったけど……」

レアルのベイル photo/Getty Images

オーバーヘッドシュートは受賞ならず

2018年は最優秀ゴールを決めた選手に贈られる「プスカシュ賞」をリヴァプールFWモハメド・サラーが受賞したが、この選出に異議を唱える人も少なくなかった。サラーのゴールも見事だったが、もっと美しいゴールがあったのではないかと誰もが考えたのだ。

その1つが、レアル・マドリードFWガレス・ベイルがチャンピオンズリーグ決勝のリヴァプール戦で決めたオーバーヘッドシュートだった。左サイドからマルセロが上げたクロスに左足で合わせたシュートはスピード、コースともに完璧で、リヴァプールを粉砕する一撃となった。

英『FourFourTwo』によると、ベイルは今でも自身のゴールがプスカシュ賞にふさわしかったと信じているようだ。

「プスカシュ賞でなかったのは正直驚いたよ。サラーのゴールは素晴らしかったけど、賞の価値が落ちたように感じた。僕のゴールは感覚的なものだった。体のポジションもフットワークもよく、インパクトも完璧だ。シュートした瞬間に入るチャンスがあると分かったんだ。見てもらえば、僕がすぐにボールの方を向いていると分かるはずだよ。どこに飛んでいくか分かったんだ」

「あれが僕のベストゴールと言わないといけないね。スペイン国王杯の決勝バルセロナ戦で決めたのも好きだけど、チャンピオンズリーグ決勝という大舞台だからね。クラブの世界では最大のステージだ。あれがベストだよ」

マルセロのクロスも低弾道のものだったため、合わせるのはかなり難しかったはずだ。難易度、大舞台でのゴールだったことを考えると、ベイルのゴールはプスカシュ賞にふさわしかったか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ