サラーはリヴァプールから離れたほうが良い? アギーレが仰天発言

日本代表監督を歴任したアギーレ氏。現在はエジプト代表を率いている photo/Getty Images

気になるアギーレのコメントは......

かつて日本代表を率い、現在はエジプト代表監督を務めているハビエル・アギーレ氏が、同代表のFWモハメド・サラー(現リヴァプール)について語った。

昨季のプレミアリーグで得点王に輝くなど、リヴァプールで充実した日々を送っているサラーだが、昨夏に同クラブの一員となって以降、クラブタイトルを手にするには至っていない。また、リヴァプールは2015年10月にユルゲン・クロップ現監督が赴任して以降、3度にわたりカップ戦の決勝に進出しているが、いずれも準優勝に終わっている(リーグカップ、ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグ)。アギーレ監督は長きにわたりリヴァプールがメジャータイトルから遠ざかっている実情を考慮し、「リヴァプールでタイトルを獲れないのであれば、彼は1年から2年のうちに退団したほうが良いだろう」と、同選手への助言とも受け取れるコメントを発した。スペイン紙『as』が23日に伝えている。

一時はレアル・マドリードへの移籍が噂されたサラーだが、今年7月にリヴァプールとの契約を2023年まで延長したばかり。ただちに同クラブを去る可能性は低いが、代表監督であるアギーレ氏からのコメントを受け、どのような反応を示すだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ