リヨン時代とは動きが違う? アーセナルFWの変化「よく走っている」

アーセナルのラカゼット photo/Getty Images

アーセナルでの成功に燃える

アーセナルでの成功に燃えている証なのだろうか。ピエール・エメリク・オバメヤンとともにチームを引っ張る点取り屋となっているFWアレクサンドル・ラカゼットのプレイスタイルには変化が見て取れる。

そう語ったのはクラブOBのスチュアート・ロブソンだ。ラカゼットはフランスのリヨンから昨夏アーセナルにやってきた選手だが、ロブソンはラカゼットがリヨン時代よりも走行距離が増したと考えているようだ。

英『Express』によると、ロブソンは「私はリヨンで何度もラカゼットを見てきたし、他にもスカウトが行っていた。その時には彼は得点を決めるが、少し怠けるところがある。十分に走っているか確信が持てないという印象だった。それがアーセナルでは変わったと思う。彼はリヨンでプレイしていた時よりもよく走っている」と述べている。

指揮官ウナイ・エメリの影響もあるだろうが、ラカゼットもアーセナルで何かを勝ち取ろうと特別なモチベーションで戦っているのかもしれない。オバメヤンとのコンビも対戦相手の脅威となっており、ラカゼットはアーセナルに欠かせぬ選手となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ