松本山雅&大分のJ1昇格が決定! POには大宮が滑り込み進出[映像アリ]

松本山雅のサポーターたち photo/Getty Images

6位福岡は痛恨ドロー

明治安田生命J2リーグの最終節が、17日に各地で同時開催された。

同リーグ首位で最終節を迎えた松本山雅FCは、本拠地で徳島ヴォルティスと対戦。0-0の引き分けに終わったものの、モンテディオ山形と対戦した2位大分トリニータ、及び東京ヴェルディと対戦したFC町田ゼルビアが共に1-1で引き分けたため、松本のJ1自動昇格とJ2リーグ優勝が決定した。なお、後半アディショナルタイムの失点で勝ち点3を逃した大分であったが、勝ち点76で並んだ横浜FCと町田を得失点差で上回り、J1への自動昇格を確定させている。

J1参入プレイオフへの出場権をかけた戦いも、劇的な幕切れに。最終節をプレイオフ出場圏外の7位で迎えた大宮アルディージャは、敵地でファジアーノ岡山と対戦。52分の嶋田慎太郎の退場により10人での戦いを強いられたものの、67分に菊地光将がフリーキックのこぼれ球にヘディングで反応し、決勝ゴールを挙げた。1-0で勝利した大宮は、勝ち点を71まで積み上げ。6位のアビスパ福岡がFC岐阜戦で痛恨のスコアレスドローを喫したため、大宮の逆転でのプレイオフ進出が決まった。なお、最終節で勝ち点1を積み上げるに留まった福岡は、7位へ転落。プレイオフへの出場権を最終節で逃す形となった。

今季のJ2リーグの最終順位、及び最終節の試合結果は以下の通り。

【J2リーグ最終順位】
☆1位:松本山雅FC(勝ち点:77 得失点差:+20)
☆2位:大分トリニータ(勝ち点:76 得失点差:+25)
★3位:横浜FC(勝ち点:76 得失点差:+19)
 4位:FC町田ゼルビア(勝ち点:76 得失点差:+18)
★5位:大宮アルディージャ(勝ち点:71 得失点差:+17)
★6位:東京ヴェルディ(勝ち点:71 得失点差:+15)
 7位:アビスパ福岡(勝ち点:70 得失点差:+16)

※☆がJ1自動昇格クラブ、★のクラブはJ1参入プレイオフへ。町田はJ1昇格に必要なクラブライセンスを保有していないため、プレイオフへの出場権はなし。

【最終節結果】
山形 1-1 大分
千葉 0-0 栃木
町田 1-1 東京V
甲府 0-1 横浜FC
松本 0-0 徳島
新潟 0-2 山口
金沢 3-1 水戸
岐阜 0-0 福岡
岡山 0-1 大宮
讃岐 0-2 京都
熊本 3-0 愛媛











参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ