“ファーギー・タイム”復活? マンUが異様に粘り強いチームになっている

終盤に粘り魅せるマンU photo/Getty Images

前半悪くても関係なし

決して褒められた戦い方ではないが、ここ最近のマンチェスター・ユナイテッドは終盤に意地を見せる機会が増えている。3日のボーンマス戦では後半アディショナルタイムにマーカス・ラッシュフォードが決勝点を叩き込み、苦しみながらも勝ち点3を獲得。さらに10月には0-2から3-2にひっくり返したニューカッスルとの戦いもあった。

この粘りに、DFクリス・スモーリングはアレックス・ファーガソン氏が指揮を執っていた時代を重ねているようだ。ファーガソン氏のチームも試合終了間際に劇的なゴールを決めることが多く、「ファーギー・タイム」と呼ばれる魔法の時間帯があったのは有名な話だ。

英『sky SPORTS』によると、スモーリングは「前半どれだけ悪かったかは問題ではなく、後半には勝てると信じている。この感覚が僕たちに一体感を与えてくれるんだ」とコメントしている。相手に先行を許したとしても、それを跳ね除けられるとの自信があればチームの士気が下がることもないだろう。

今週はユヴェントスとのチャンピオンズリーグ、そしてマンチェスター・シティとのダービーマッチが予定されており、今季最も難しい1週間と言っていいだろう。実力的にリードを許す展開になるかもしれないが、今のマンUなら終盤に「モウリーニョ・タイム」を起こすことができるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ