10代で主力は当たり前! 今季旋風を巻き起こす『ヤングスター10名』

BACK

1/2

NEXT

ジェイドン・サンチョ photo/Getty Images

リース・ネルソン  photo/Getty Images

ダン・アクセル・ザガドゥ  photo/Getty Images

アクラフ・ハキミ  photo/Getty Images

キリアン・ムバッペ  photo/Getty Images

以前ならば19、20歳の選手は駆け出しの若手といっったイメージだったが、今の時代は若手の概念も変わりつつある。10代でもトップチームの主力になっている者も珍しくなってきた。今季も開幕から若手が暴れており、英『The Guardian』は「今季旋風を起こしているヤングスター10人」なる特集を作成。新たな顔と言うべき選手たちを紹介している。

1.ジェイドン・サンチョ(MF//18歳/ドルトムント)



この特集でサンチョは外せないだろう。今季最も旋風を起こしている若手の1人だ。実力者が揃うドルトムントで圧巻のパフォーマンスを見せており、イングランドA代表にも召集されるなど驚異的なペースで成長している。サンチョに影響を受けて国外移籍を検討する若手イングランド人選手も増えており、与えたインパクトは強烈だ。

2.リース・ネルソン(FW/18歳/ホッフェンハイム)



サンチョと同じパターンだ。サンチョはマンチェスター・シティからドルトムントに向かったが、ネルソンもアーセナルでは出番を確保できないためドイツのホッフェンハイムにレンタル移籍する道を選んだ。当初はバックアッパーだったが、ネルソンは出番をもらうたびに得点を記録。ここまで5試合に出場して4得点1アシストと大暴れだ。63分に1点のペースでネットを揺らしており、ホッフェンハイムの救世主になりつつある。

3.ダン・アクセル・ザガドゥ(DF/19歳/ドルトムント)



今夏にはアブドゥ・ディアロが加わったため、若いザガドゥの出番は限られるかと思われた。しかしザガドゥは指揮官ルシアン・ファブレの信頼を掴むことに成功し、リーグ戦では直近5試合全て先発フル出場だ。ディアロがサイドバックに回るケースも増えており、ザガドゥとしては願ってもないチャンスが巡ってきている。パス成功率も87.5%と高い数字を残しており、同メディアもザガドゥのパフォーマンスを高く評価している。

4.アクラフ・ハキミ(DF/19歳/ドルトムント)



またまたドルトムントの選手だ。ハキミは今夏レアル・マドリードからドルトムントにレンタル移籍したサイドバックで、リーグ戦とチャンピオンズリーグ合わせて計6アシストを決めるなど爆発している。同メディアはレアル・マドリードが大苦戦していることもあり、ハキミのドルトムント行きは正解だったと伝えている。

5.キリアン・ムバッペ(FW/19歳/PSG)



こちらは説明不要だろう。19歳でバロンドール候補にも入る怪物は着々と世界最高の選手への道を駆け上がっており、所属するPSGでもネイマール以上の存在感を放っている。リーグ戦では得点ランク首位となる10得点をマークしており、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも早くリーグ戦の得点数を二桁に乗せている。ムバッペが大ブレイクしたおかげで若手の基準が下がり、20代前半では若手と分類されなくなってきているのも事実だろう。

BACK

2/2

NEXT

イブラヒム・サンガレ photo/Getty Images

アーロン・ワン・ビサッカ photo/Getty Images

ノルディ・ムキエレ photo/Getty Images

リシャルリソン photo/Getty Images

ジェームズ・マディソン photo/Getty Images

6.イブラヒム・サンガレ(MF/20歳/トゥールーズ)



昨季からブレイク傾向にあったコートジボワール人MFサンガレは、今季その評価を確かなものとしている。守備的MFとして相手のアタッカーを潰し続けており、1試合平均4.3回のタックルを記録。これはリーグ・アン全体で2番目に多い数字となっており、同メディアは近いうちにトップクラブが狙ってくるはずと見ている。191cmのサイズも大きな魅力だ。サンガレが欠場した直近2試合はナントに0-4、モンペリエに0-3で完敗しており、この結果だけでも重要性が分かってくる。

7.アーロン・ワン・ビサッカ(DF/20歳/クリスタル・パレス)



イングランド代表の右サイドバックは近いうちに彼のポジションとなるだろう。クリスタル・パレスでは絶対的な主力となっており、今季はプレミアリーグで2位となる1試合平均4.6回のタックルを記録。1試合平均インターセプト数も2.6回でリーグ7位となっており、アタッカーから嫌がられるサイドバックとなっている。

8.ノルディ・ムキエレ(DF/20歳/ライプツィヒ)



今夏モンペリエからライプツィヒに移籍したムキエレは、サイドバックとセンターバックの両方をこなせるフランス人DFだ。世代別代表にも選ばれ続けており、ブンデスリーガでは出場7試合14度のドリブルを成功させるなど攻撃性も興味深い。若手が数多く成長してきたライプツィヒでもう一段階ステップアップすることが期待されている。

9.リシャルリソン(FW/21歳/エヴァートン)



今季プレミアリーグ序盤戦で最も印象的なアタッカーの1人だろう。ワトフォードでプレイしていた頃より高い評価を得ていたが、今夏に移籍したエヴァートンでもキーマンの1人になっている。4000万ポンドの移籍金も正当なものと言えよう。ブラジル代表デビューも実現し、まさに大ブレイクだ。

10.ジェームズ・マディソン(MF/21歳/レスター・シティ)



今夏岡崎慎司のライバル候補としてノリッジ・シティからレスターにやってきたマディソンは、ここまでトップ下の位置でフル稼働を続けている。評判通りキックの精度は高く、チャンスメイカーとして対戦相手からも警戒される存在になってきている。今季プレミアリーグで受けたファウル数はウィルフリード・ザハ、エデン・アザールに次いで多い1試合平均2.8回となっており、キーマンと認められている証拠だろう。サンチョとともにイングランドA代表にも選ばれており、Newデイビッド・ベッカムへの道を歩み始めている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ