苦戦続く武藤所属のニューカッスル、120年ぶりの不名誉な記録

スタメンに名を連ねた武藤もゴールを目指して奮闘するが…… photo/Getty Images

開幕10試合未勝利

FW武藤嘉紀が所属するニューカッスル・ユナイテッドが、1世紀以上ぶりとなる不名誉な記録を打ち立ててしまった。

27日に行われたプレミアリーグ第10節で、サウサンプトンの本拠地へ乗り込んだニューカッスル。90分通してゴールを割ることができず、0-0のスコアレスドローで試合終了のホイッスルを迎えた。この結果、連敗を「3」でストップし、最下位から1つ順位を上げたものの、開幕節から10試合戦って未だ勝ち星なし(3分7敗)となっている。

浮上のキッカケをつかめず、苦しい状況が続いているニューカッスルだが、英『BBC』によると、開幕10試合未勝利に終わったのはクラブ史上2度目とのこと。1898-99シーズン以来120年ぶりだという。はたして、ニューカッスルは次節こそ今季リーグ戦初白星を手にすることができるのか。11月3日にワトフォードをホームへ迎え入れる予定となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ