「寝ているようだった」 CKで相手をフリーにしたポグバに痛烈批判

マンUのポグバ photo/Getty Images

リュディガーを見失う

20日に行われたチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドの一戦は、動きの少なかった前半にチェルシーがセットプレイからスコアを動かした。

コーナーキックにDFアントニオ・リュディガーが頭で合わせて先制したのだが、この場面ではマークについていたマンUのポール・ポグバがリュディガーに振り切られてしまった。ダビド・ルイスのブロックがあったのは事実だが、リュディガーをフリーにしすぎてしまった。

英『sky SPORTS』によると、クラブOBガリー・ネビル氏もポグバの対応を批判している。

「ポグバは寝ているようだった。興味深いのは彼のリアクションで、誰を批判していたんだ?彼はリンデロフに君が僕をブロックしたと言っていたようだが、残念ながらリンデロフは何もしていない。彼はダビド・ルイスのマークについていたのだから」

同じく解説のジェイミー・レドナップ氏も、「彼は集中していなかったし、自分の仕事をしなかった」と厳しい見方を示している。

ポグバは一瞬だけリュディガーから目を離してしまい、それがリュディガーをフリーにすることとなった。リンデロフとダビド・ルイスが邪魔になったのかもしれないが、ポグバがリュディガーを一瞬見失ったことは言い訳できないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ