バルサは”メッシ無し”ではCL出場がやっと!? 3戦未勝利に批判止まらず

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

ビルバオと1‐1で分ける

ジローナに引き分け、レガネスには1-2で逆転負け。そして今節はアスレティック・ビルバオ相手に1‐1の引き分けと、バルセロナがリーグ戦で3試合連続勝ち点3を逃した。レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードのダービーマッチがスコアレスドローに終わっていたため勝ち点差をつけるチャンスだったのだが、その機会を活かせなかった。

この結果をスペイン『MARCA』が厳しく批判している。ポイントの1つに挙げられたのが、リオネル・メッシのベンチスタートだ。指揮官エルネスト・バルベルデはビルバオとの一戦でメッシをベンチスタートとしたのだが、結果的にはこの采配が裏目に出てしまった。

同メディアは、「何より心配なのは、バルセロナはメッシがいなければチャンピオンズリーグ出場権獲得にも苦労するであろうチームということ」と伝えており、メッシ頼みが浮き彫りになったゲームと指摘している。

このゲームはビルバオに1点を先行され、55分から慌ててメッシを投入。メッシはポスト直撃のシュートを放つなど決定機を作り出し、84分にはムニル・エル・ハダディの同点ゴールをアシストしている。まさにメッシのおかげで同点にできたとの表現が正しい。

また同メディアは、このゲームで最終ラインを乱して失点に絡んだDFジェラール・ピケのことも批判している。ピケはレガネス戦でもロングボールへの対応を誤って失点に関与しており、やや不安定だ。バルセロナとしては不安なポイントだろう。

バルセロナは10月3日にトッテナムとのチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節を戦うところからスケジュールが非常に厳しくなり、リーグ戦ではバレンシア、セビージャと、チャンピオンズリーグのインテル戦を挟み、10月末にレアル・マドリードとのクラシコが控える。今のままでは不安だが、まずはトッテナム戦で白星を取り戻せるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ