カンテの代わり? PSGでトゥヘルが見出す新たな”6番”とは

PSGのマルキーニョス photo/Getty Images

今夏は守備的MFの補強に失敗

今夏パリ・サンジェルマンはDFティロ・ケーラーやGKジャンルイジ・ブッフォンらを獲得したが、指揮官トーマス・トゥヘルが100%満足しているわけではない。求めていた守備的MFの補強ができなかったからだ。

PSGではチアゴ・モッタが引退し、ジオバンニ・ロ・チェルソも今夏にレアル・ベティスへ移籍。トゥヘルは守備的MFのポジションにエンゴロ・カンテを求めていたようだが、そのクラスの選手を引き抜くことはできなかった。

仏『Footmercato』などによると、トゥヘルも満足していないことを隠していない。しかし、すでに代役を見つけているのだ。それはセンターバックを本職としてきたブラジル代表DFマルキーニョスだ。

「マルキーニョスはジオバンニとは大きく異なる。マルキーニョスには我々が求めていたスピードや空中戦の強さがある。喜んで献身的に動ける選手は重要なんだ」

トゥヘルもこのようにマルキーニョスの能力を評価しており、6番の位置で真価を発揮することになるかもしれない。センターバックにはベテランのチアゴ・シウバに加えて今夏獲得したケーラー、フランス代表のプレスネル・キンペンベもいる。マルキーニョスを中盤起用するのも悪い手ではないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ