40ヤードパスがオウンゴールに “元”堂安の同僚MFのミスに、英国メディアが唖然[映像アリ]

OGを喫し、思わずピッチに倒れ込んだバクーナ(写真右) photo/Getty Images

「悲しいことに......」

現地時間28日にカラバオ杯(イングランド・リーグカップ)の2回戦が行われ、ハダースフィールドがストークに0-2で敗れた。

堂安律が所属するフローニンヘンに昨季まで在籍し、今夏にハダースフィールドへ移籍したMFジュニーニョ・バクーナ(21歳)が、同試合で信じられないミスを犯している。ハダースフィールドが1点をリードされて迎えた後半アディショナルタイム。ボールを味方GKへ戻すべく、同選手がセンターサークル付近からロングパスを放ったものの、このボールが味方GKの頭上を越え、そのままゴール方向へ。ボールは無情にも味方のゴールの中に吸い込まれた。この同選手のオウンゴールに英『sky SPORTS』が反応。「この40ヤード(約36m)のボレーキックを見よ。ボールは正しい方向に飛んでいるかい。悲しいことにそうではなかった。コミカルなオウンゴールだよ」と、一連のプレイに唖然とした様子を綴っている。

この試合がハダースフィールドの選手としてのデビュー戦だったバクーナ。何ともほろ苦いスタートとなってしまったが、元来はパスセンスに秀でる選手であるだけに、今後はより味方との連係を深めたいところだ。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ