マンUからはまさかの0人!? ”現プレミアCBランクBEST10″が面白い結果に

トッテナムで活躍するアルデルヴァイレルト photo/Getty Images

モウリーニョが欲しがった選手が2人もランクイン

リオ・ファーディナンドやジョン・テリーらの全盛期に比べるとやや小粒な感が否めないが、現在プレミアリーグで最も優れたセンターバックは誰なのだろうか。英『Squawka』がBEST10を発表した。

10位:ジェームス・ターコウスキー(バーンリー)

9位:アントニオ・リュディガー(チェルシー)

8位:ハリー・マグワイア(レスター・シティ)

7位:ダビンソン・サンチェス(トッテナム)

6位:ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)

5位:ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

4位:トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)

3位:ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)

2位:フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)

1位:ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム)


同メディアのBEST10はご覧の通りだ。トッテナムから3名、マンCから3名選ばれているのが特徴的か。コンパニはややビルドアップの部分で不安定なところもあるが、パワーや1対1の強さでは最もプレミアらしいセンターバックだ。未だに評価は高い。

ヴェルトンゲンは数年前こそ凡ミスの多いDFとのイメージがあったが、マウリシオ・ポチェッティーノの下で大きく成長。同メディアは空中戦にも強く、ゲームを巧みに読み、足下の技術も高いと評価している。

マンチェスター・ユナイテッドから1人も選ばれていないのも興味深い。今夏ジョゼ・モウリーニョが欲しがったとされるマグワイア、アルデルヴァイレルトなどはランクインしており、トッテナムに0-3で完敗した直後ということもあってマンUサポーターとしてはガックリくるランキングだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ